トップ 検索 一覧

事八日(ことようか)の大わらじ


場所:

茨城県 桜川市(旧真壁郡真壁町) 桜井五味田

写真説明:

1998年2月8日撮影。思った程大きくはないが、やはり異様。

年中行事:
紹介:

2月8日と12月8日の事八日は魔物が跳梁する日とされているが、真壁の五味田地区では集落の入り口数カ所に長さ1.3メートルの大わらじを掛けて魔除けとする。

高橋メモ:

笹神習俗とも言われ家の前などに目籠などの魔よけを掲げる風習は北関東には広く見られる。(真壁・協和周辺の事八日風俗は2004年に県の無形民俗文化財指定を受けたと聞いているが、確認中)。

参考ページ:
参考文献:
高橋メモ:

わらじの真ん中に見える細長い物はお札。「奉修般若十六善神守護祈攸」とある。

編集担当者:

高橋 takahashi@tradevents.org

カテゴリー

[カテゴリ:伝統行事][カテゴリ:桜川市]


本ページ管理者への連絡先
takahashi@tradevents.org

※「つくば周辺伝統行事カレンダー」ページ管理者である高橋への連絡先です。ここで紹介している行事・祭礼や関連団体等への御連絡の際は、ページ本文を御覧下さい。