トップ 検索 一覧

江戸三大祭り(神田祭、日枝神社山王祭、浅草三社祭)


写真説明:

2001年5月12日(土)19時頃、神田祭の鳳輦宮入(一ノ宮)。左手、神田囃子の屋台では、格調高く「鎌倉」を奏し続ける。

年中行事:
註:

神田祭の本祭は隔年だが、修復工事加速のため現在開催頻度が下がっています。陰祭では表だった行事は殆どありません。一方、山王まつりは陰祭もある程度の規模で行われており、ほぼ毎年恒例の祭礼となっています。

紹介:

神田祭と日枝神社山王祭を江戸天下祭りと称し、これに浅草三社祭を加えて江戸三大祭りと称する。神田祭りは日本三大祭りでもある。平成8年の祭りは参拝者50万、御輿200基(東京一)

参考ページ:
開催履歴:
高橋メモ:

三大なんとか、には必ず異説があるものです。江戸三大祭りでは、例えば三社祭の替わりに深川富岡八幡宮の深川祭りが入ることがあるそうです。

参考文献:

本ページ管理者への連絡先
takahashi@tradevents.org

※「つくば周辺伝統行事カレンダー」ページ管理者である高橋への連絡先です。ここで紹介している行事・祭礼や関連団体等への御連絡の際は、ページ本文を御覧下さい。